「令和」で感じたこと

新しい元号の「令和」が発表されて1週間。この1週間は、私にとって、この国を憂うには十分な期間でした。 4月1日に、NHKの元号発表の生放送をテレビの前で見ていた私が、最初に受けた印象を整理すると、「令和」というのは、和することを命令するという意味…

新元号についての雑感

新元号が発表されました。 私は、この時代の変遷を生で見るべく、家でテレビの前にずっとおりまして、菅官房長官が額縁を掲げたとき、の第一印象としては、音はいいと思いつつ、「和せしむ」と読めることや、「令」という漢字がどうしても「命令」という意味…

地獄への道は善意で舗装されている

数日前、某有名人がツイッターでお年玉を配ったのが話題になりました。これを見たときに私が思ったのが、「ただより高いものはない」というものでした。両親からは色んな金言をもらっていますが、その中の一つがこれです。 今の私の理解では、この言葉には二…

那須川vsメイウェザーに見る国際契約交渉の留意点

私は大晦日は基本的に紅白歌合戦をツイッターの寸評と合わせて見ているのですが、今年は、那須川選手対メイウェザー選手のときだけはチャンネルを変えました。私は格闘技はそんなに興味がなく、せいぜい「はじめの一歩」をたまに読むくらいで、ボクシングの…

弁護士7年目の所感

あけましておめでとうございます。 気づいたら弁護士も7年目ですが、幸か不幸か、入所した時と同じ事務所で引き続き弁護士として働いています。これまでの6年間をざっとまとめてみると以下のようなところです(後輩の皆様のご参考になれば)。 1年目(2013年…

読書の話

今年も気づくとあと2週間ほどとなりました。齢を取るごとに、一年が早くなると言われますが、私にはまだその実感はありません。弁護士になって満6年ですが、それぞれの年にはそれぞれの思い出や挑戦があったように思います。 今年の振り返りはまたそのうちと…

熊野詣

熊野に行ってみたいと思い立ったのは平成21年で、ロースクールの最初の夏学期が終わった時だった。理由ははっきりしないが、熊野を初めて認識したのが小学校の頃読んだ平家物語の「熊野別当」であり、その言葉がずっと引っかかっていたことのような気がする…

チャンスの神様には前髪しかないが、そもそも神様が見えないという話

子供の時分に親に小言というか、アドバイスというか、よく言われていたことに「30過ぎたら自分の顔に責任を持て」というのと「チャンスの神様には前髪しかないから、迷わず掴め」というのがありました。 齢を重ねるにつれ至言だなと思う訳ですが、後者につい…

はてなブログへの移行について

今までこのブログははてなダイアリーを使っていましたが、来春頃はてなダイアリーが廃止されるということで、はてなブログに移行しました。移行により一部のリンクが切れたりしている気がしますが、ご容赦ください。 また、本ブログのサブタイトルについて、…

次官・若手ペーパーについて

フェイスブックやツイッター上でも話題ですね。 http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdfこのペーパー、私のライン上では批判的な意見が圧倒的多数でした。 私も一読してそれなりに違和感を感じました。ひょっとしたら、知り合い…

弁護士5年目の所感

久しぶりの投稿です。 前回の投稿が4年目に入った時でしたから、実に1年半ぶりくらいですかね。その時と今を簡単に比べると以下のようなところです。1.業務における渉外に占める割合が過半数を超える(タイム・案件数ベース) 弁護士になった時から、中国帰…

弁護士を3年やってわかったこと

明けましておめでとうございます。 おかげさまで弁護士4年目に突入しました。今も弁護士になって以来事務所を移籍することもなく、弁護士業に励んでおります。ということで、弁護士を丸3年務めての感想を書こうと思います。その前に、私のこの1年、すなわ…

司法試験合格発表の雑感

今年も合格発表の季節です。 おそらく一方的に私が気にかけていた方々の合格を聞いてうれしく思う一方、失敗した方々の報告も見て、何とも言えない気持ちになります。弁護士になって気づけば早くも3年目ですが、学部の後輩なんかに「弁護士になりたいんです…

RIP

ここしばらく旅行記をまったく更新できていないのですが、これはひとえにもう仕事がばたついているせいです。土日関係なく仕事ばかりというところ。心が折れそうになることもありますが、年を取るにつれて、それでも、やりがいがある仕事をやれているだけい…

エチオピア・ケニアの旅:9.エチオピアのタクシー・車事情

ブルを手にした我々は、空港を出て、とりあえず時間も遅いし、アディスアベバの治安もよくわからなかったので、エアポートタクシーを利用してホテルに向かおうと考えます。ホテルは、歩き方を見て、街の真ん中あたりに位置するNational Hotelに決定します。 …

エチオピア・ケニアの旅:8.エチオピアの通貨

何はともあれエチオピアの通貨を手に入れる必要があるので、中年職員に銀行はどこかと聞くと、親切に教えてくれます。銀行でとりあえず200米ドル分エチオピアの通貨である「ブル」(巻き舌で発音する。)に変えます。だいたい1ブル=5日本円位です。 現地人…

エチオピア・ケニアの旅:7.エチオピアの洗礼2

アクスム、ラリベラ行きをほぼ断念した我々は、ふと気づきます。 我々は、イミグラの外にいるが、イミグラを通っていないのではないか…? そこで、ターミナルにあるイミグラのお姉さんに英語で話を聞くが、よくわからないと言われ、違うイミグラに行けと言わ…

エチオピア・ケニアの旅:6.エチオピアの洗礼

アディスアベバ空港で、エチオピア航空職員にベンチで待っているよう指示され、待っている我々。しかし、待てど暮らせど職員は何も言ってきません。そうしている間に、周りのベンチに座っている人たちは入れ替わります。私はアフリカ大陸初上陸なので、周り…

日本のいちばん長い日

本日、見てきました。原作は半藤一利氏の同名ドキュメンタリーです。 敗戦から70年という年に作られたこの映画をぜひ見たいというのもありましたし、原作はドキュメンタリーですので、これをどのようにして映画にするのかなというところにも興味がありました…

エチオピア・ケニアの旅:5.トランジットの失敗

我々は、午前8時10分にアディスアベバ空港に降り立ちました。飛行機をタラップをでおり、ターミナル行のバスに乗り込みます。 【写真:アディスアベバ空港は緑に囲まれています。】 我々は、午前9時のエチオピア航空のアクスム行に乗らねばなりません。しか…

エチオピア・ケニアの旅:4.アフリカ大陸の第一印象

目が覚めて機内食を食べると、飛行機はもうアフリカ大陸の空に到達します。 エチオピア航路が最初に到達するアフリカ大陸の空は、あの失敗国家で有名なソマリアの空です。アラビア海を渡り、ソマリアの海岸を見下ろします。ソマリアの大地は黄色く、緑が少な…

エチオピア・ケニアの旅:3.エチオピア航空

我々は香港国際空港にてエチオピア航空に乗り込み、アディスアベバへ向かうことになります。 乗り込む際の出入口には、エチオピアの民族衣装らしきデザインの制服を着用した女性フライトアテンダントが立って迎えてくれます。民族衣装らしきデザインの制服を…

エチオピア・ケニアの旅:2.香港国際空港

午後、香港国際空港は物凄く大きな空港です。我々はここで、深夜発のエチオピア航空アディスアベバ行に乗るため、12時間ほど時間をつぶすことになります。超広大な香港国際空港。 成田を午前中出発した我々が香港国際空港についたのは午後の早い時間です。し…

エチオピア・ケニアの旅:1.旅の始まり

今回、夏休みを使って、10日間ほど、海外旅行に行ってきました。 今回は、日本人にとってあまりメジャーではないであろう国を行先に含んでいることと、自分にとっても非常に大きな刺激があった旅行であったことから、きっちり旅行記を記録しておこうと思いま…

サマクラのすすめ(2)

(1)からの続きです。まず、サマクラに応募するにしても、何を書けばいいのかとかと頭を悩ませているうちに、応募期間がもうすぐ終わりそう!となってしまう方も多かろうかと思います。しかし、サマクラの採用をパスするための必勝法で最も簡単なのは、「…

サマクラのすすめ(1)

ご無沙汰しています。3月は弁護士になって以来一番忙しい月でした。もう、目の前の仕事をやっているだけで一日が終わるというような日々です。日中はクライアントとの打ち合わせ・電話対応や期日、後輩アソシエイト・秘書の決裁のようなことをやっていると…

それでも人生は続く

今年の夏、10年来の親友を亡くしました。 九州の地方都市出身であった彼は、その地や家族の期待を一身に受け、上京し、学問を修めたのに、まだ三十になる前に亡くなってしまいました。最後に会ったのは今年の4月でしたが、昨年転職をした彼は、職場が充実し…

我々はなぜ面接で厳しい質問をするのか

まだまだ絶賛リクルート期間です。 ということで、少しリクルートについて書きます。前の記事にも書いたとおり、面接はその人の能力を様々な面から見る場ですから、志望者は能力をアピールをする必要がありますし、採用側はそのアピールをもとにその人の能力…

JAGGLAが素晴らしい

JAGGLAって最近まで知らなかったんですが、韻踏の遊戯とリレーしているKansaiiiiの下拓REMIXで聴いていいなあと思ってYOUTUBEチェックしてみたらこれがなかなかいい。思わず出てきた動画全部見てしまいました。リリックが素晴らしいですね。 ちなみに、Kansa…

弁護士の採用活動にて思うこと

司法試験が終わって半月、弊事務所にはリクルートの季節がやってまいります。 このリクルートというもの、大きな事務所でアソシエイトが山のようにいるとそんなことはないのでしょうが、弊事務所のような中堅事務所にとってはなかなかしんどいものでして、と…